借金問題解決バイブル ~司法書士がやさしく教える~
借金問題は必ず解決します。 あなたにあった解決方法が必ずあります。 著者が明かす借金問題解決のためのノウハウ満載!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武富士創業者一族への責任追及
経営が破たんした消費者金融大手「武富士」の創業者の遺族への課税が取り消され、およそ1980億円が還付されたことについて、全国の債権者が、還付された資金を「過払い金」の返還に充てるべきだと主張して、創業者の一族に賠償を求める裁判を起こしました。

訴えを起こしたのは、武富士に対して、払いすぎた利子、いわゆる「過払い金」の返還を求めている全国の債権者780人余りです。
原告の弁護団によりますと、去年9月に経営が破綻した武富士に対しては、全国のおよそ90万人が過払い金の返還を求めているということですが、返還される額は大幅にカットされる見通しです。

ことの発端は、武富士の創業者から長男に贈与された株への課税がことし2月、最高裁判所で取り消され、国からおよそ1980億円が還付されたことです。
これについて、原告たちは、「長男に還付された資金はもともと違法な金利による収益で、過払い金の返還に充てるべきだ」などと主張して、創業者の妻のほか、長男や次男に対して、17億6000万円を賠償するよう求める訴えを、全国の8か所で一斉に起こしたのです。

請求額は還付金の100分の1にも満たない金額です。
そして訴えが全面的に認められても、1960億円以上が未だ創業者一族に残る計算になります。
しかも他方では、債権者の命を削ったとも言える「過払い金」を踏み倒しておきながら。
このテーマについては、既に何度も書いているのですが、法の正義という観点から全く公平を失しています。

武富士の会社更生手続きをすすめる管財人が、武富士の息のかかった弁護士である一点だけを見ても、歴史に残る司法(裁判所)の汚点です。
国民の関心はさほど盛り上がっているようには見えませんが、今回の一連の武富士事件の結末は「歴史」が裁くことになるでしょう。



=============================
当法人へご相談は
0120-51-8107へお電話下さい。
面談,問合せとも相談料無料。
費用の分割可,減額報酬無し。
土曜日も通常営業しております。
債権者からの催促も止まります。
司法書士法人リーガルパートナー
mail office@law-kato.com
=============================

借金問題解決バイブル ―司法書士がやさしく教える借金問題解決バイブル ―司法書士がやさしく教える
(2008/11/05)
加藤 俊夫

商品詳細を見る






今回もお読み頂きありがとうございました。
応援してやろうという方はポチリ!
  ↓    ↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ
にほんブログ村



FC2 Blog Ranking


借金ブログ




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://legalpartner.blog16.fc2.com/tb.php/30-62616472
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。