借金問題解決バイブル ~司法書士がやさしく教える~
借金問題は必ず解決します。 あなたにあった解決方法が必ずあります。 著者が明かす借金問題解決のためのノウハウ満載!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローン相談が急増
住宅ローンの返済に苦しんでいる方が増えてきています。

そのほとんどがまじめに返済してきた方です。
ここにきて返済が2ヶ月遅れたり、今後の支払い計画の見直しを迫られている方が多いのです。

住宅はローンがあるうちは本当は自分のものではないのかも知れません。
いつ何時、ローンが支払えなくなって手放さざるをえなくなるかも知れないからです。

住宅メーカーや不動産屋の営業トークに「今の家賃に少し上乗せするだけであなたの家が持てますよ」というものがありました。
そのころは給料、ボーナスが今より減少するなんてことは考えもしませんでした。
先のことは深く考えず、又考えても答えは出ず、ローンを組んで家を購入しました。

その結果10年間銀行に多額の利息のみを支払って家を手放すことになりました。
その上まだローン残高は残っています。
家を失ったばかりではなく、借金だけが残ったのです。
何のことはない、手にしたのはマイホームではなく借金でした。

私は思います。
銀行や保証会社は家を売却した代金を回収したら住宅ローンのオーバー分を放棄すべきです。
担保とは本来そういうものです。
もし不動産価値下落のリスクを回避したければ、融資の際の審査を厳しくすればよいのです。
そうすれば買い手も住宅購入の際、慎重にならざるをえないでしょう。
同様に、銀行もドル箱である住宅ローンの販売を慎重にするようになり、営業に影響が出るでしょう。
営業成績を上げたい銀行は多少のリスクは背負っても、積極的に融資するようになり、ここに競争が生まれます。

住宅を手放した挙句、自己破産に追い込まれる方があまりに多いのです。



今回もお読み頂きありがとうございました。
応援してやろうという方はポチリ!
  ↓    ↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking











スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。